menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

LATEST ENTRIES

国民のためばかりでなく本物の自民党員のためにも安倍政権は倒さなければならない

森友問題以来、こんなに誰れもが嘘だとわかることを、まるで正義の如く言い続ける総理を、もはや看過することは許されない。これからの国会、つまり、国民のの最大のテーマは、思想、信条、外交、内政、政策、全てを超越しての、安倍政治の終焉、この一点のみ…

官邸人事が、国民のために生きるべきはずの官僚の誇りと使命感を失わせた、許せませんね

600名の官僚の人事を握る官邸は、絶対的なもの、たとえ悪い事だとわかっていても、官邸に忠義を尽くせば、最低でも冷や飯を食うことにはならない。だが、もしこれで、官僚が官邸の意向に逆らえば、報復人事となるのは当然のこと、だから情けない話だか、最…

この国の権力者は何をやってもお咎めなしならば、せめてシュレッダー位は逮捕してもらいたいものですね

宴会場で安倍後援会の看板を出して懇親会をやっているのに、菅官房長官の説明は「安倍総理は飲食していませんから」と、まるで他人ごと、まさか、この安倍後援会なるものは、総理とは別の方で、たまたま、同じ苗字の安倍さんの集まりだったのかなと、勘違いし…

金集めのパーティーと、地元支持者との宴会が同じものであるわけがありません

2万円のパーティー券でも食べるものが無いのが金集めのパーティー、中には400人しか入れない会場でも2,000枚以上ものパーティー券を捌く議員もいらして、議員にとっては、パーティー券だけ買ってもらって、パーティーに来ない方が一番の支持者なのか…

安倍政権もいよいよ終焉の時が来ましたね、是非はともかく長い間ご苦労様でした

 祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。 いつの世も、同じことの繰り返しなのです。権謀術数の邪道は…

困ったマスコミ報道を薄めるには、やはり、いつもの芸能人等の逮捕の様ですね、もう、この手もミエミエですね

ラサール石井「政府が問題起こすと芸能人が逮捕」 11/16(土) 21:54配信 東京湾岸署に入る沢尻エリカ容疑者を乗せたと思われる車輌(撮影・中島郁夫) 沢尻エリカ容疑…

都心のホテルでの国会議員のパーティーは昔は3万円、今は2万円かな、5,000円では居酒屋ですね

そこそこの国会議員なら資金集めのパーティーはやるでしょうが、昔は景気も良かったですから、パーティー券は一枚3万円てしたね。普通の国民は、3万円も出すのであれば、高級な料理がたらふく食べれて、高価なお土産が用意されているのだろうと思うでしょう…

桜を見る会は、税金を使っての有権者接待なのですから、国民にすればカニやメロンより悪質ですね

まぁ、安倍総理もやりたい放題ですね。内閣府の判断だけで、安倍総理の関係者850名に招待状を出すはずはなく、忖度で逃げるには無理がありますから、安倍総理としても秘密の保持で惚けるしかないのでしょう。惚けて済むものならこんな楽なことはありません…

61億8,000万円の試験利権ですか、この会社は確か創価学会系でしたね、日本の教育もオシマイかも

世界の興行師に牛耳られているオリンピックにも困ったものがあるが、今度は、事もあろうに政府は、国家の存亡にかかわる教育行政の試験を、営利の民間会社に丸投げ同然にしようとしているのですから、気でも狂ったのかと判断するしかありませんね。民間活用の…

こんなにトラブル続きのオリンピックなら中止するべきである、多くの国民はオリンピックなど喜んではいない

最近のオリンピックは平和の祭典でも何でもありませんよ。そうでなければ、こんな猛暑の中でのオリンピックなど、やる馬鹿は居ないはずです。IOCも莫大な金を出しているスポンサーから、札幌でやれと言われてどうにもならず、慌てて札幌に決めたのでしょう…

さらに記事を表示する